チャイナでCOOLなお嬢さんのテレ顔最高的な。
イラストはぽんぽんまる(id=1532605)さんにお願いしたリク絵より。デビルサバイバー2の管野史さんであざーす
画像からサイトリンク中。完全版な画像はそちらでタノンマス。みんなも毎日コメ突っ込んでこうぜ!

当サイトでは各絵描き殿の許可を得て画像を使用しています。
応援、支援、援護を目的としたものなので、悪用に該当する各行為、転載、無断流用は厳禁のこと。
最近はネット犯罪もプロバイダやサーバーからバレるらしいので、ご自重してくださいな。
・・・まぁ、人の事を言えませんが。転載ばっかなのに。
飛田ニキイチさん(現在ドラクエ二次漫画製作中)。
猫車さん(かわいいもの制作者)。
チョン=ペ=ラポンさん(いい声の生き物)。
魔神皇帝さん(ヒロイン化ロボデザイナー)。
江ノ島行きさん(イカしたカッコいい美女&乳&ヒロイン系)
ざるそばさん(マイナーシンパシー&質感ニヤリ絵師)
ぽんぽんまる(やわらか質感最高系)

皆さんのご活躍を陰ながら支援(ストーカー)させてもらってます。

バナー
バナー設置中。リンクはご一報くだされば後は自由にどうぞ。

あと地味にツイッターやってます。
リンクは貼りませんが「zaitou」で検索するともしかして。

最近のmyベスト(不定期更新)

一番右だけ罠。VはPS3&Xbox360それぞれ

今日はアレです『四畳神話大系』な話です。

ついにGW突入の五連休開始。

ザイトウです。

いやぁ開放感が素晴らしい。全裸で夜ダッシュしたくなります。

ちなみに住宅地なので深夜になると真っ暗。

どこの妖怪かと勘違いされる事は確実でしょうね。

よし、明日は二度寝どころか三度寝しよう。

・・・ちなみに私は平日に二度寝するヤヴァい人です。

朝五時起床で二度寝。朝六時に目覚ましに起こされる、みたいなパターンがあったり。

もしくは深夜三時起床で二度寝。朝六時に目覚ましに起こされる。みたいなパターン。

ちなみにどちらも二度目に起きた時は最初に起きた時を夢だと思ってたり。

・・・病気でしょうか。

とにもかくにもなんとか生きてます。今も突然の眠気に目が充血してますが元気です。

さて、回線もとりあえず復帰したし、体調も元に戻ったので元気は元気なんですけどね。

なので前フリも長くなりました。

それでは本日のお題は。



四畳半神話大系 (角川文庫)
四畳半神話大系 (角川文庫)
おすすめ平均
stars孤高、孤独、孤立
starsなむなむ
starsニヤニヤニヤ・・・
stars僕なりの愛ですわい
stars自意識過剰という名のストイシズムに救いはあるか?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

四畳半神話大系
四畳半神話大系
おすすめ平均
starsずっとニヤニヤ!
starsむにゅっとしてました、むにゅっとしてました
starsとにかく面白い
stars不思議な読み応え
stars独特の世界観

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



四畳半神話大系です。


最近話題のノイタミナのアニメだったりもしますが、原作はこちらです。

それぞれがハードカバー版と文庫版。

私はハードカバー版を図書館から借りて読みました。

・・・えぇ、つまり、学生じゃなくなっても図書館通ってるような人間なわけですよまぁ。

元々は『夜は短し歩けと乙女』から読んでいる作者さんです。

森見登美彦さんは、何故か舞台が京都限定気味という不思議な人。

さて、内容を説明してもいいのですが、それもまた無粋かもしれませんね。

なのでちょっとだけ。


京都大学三回生、男子学生の『私』。
彼が、1回生の時にどんな選択をし、その先がを如何に変化し、変遷し、ネジ曲がってていったか、その可能性を四つの短編から描く。しかしてRPG的な展開を見せる未来は、どんな結末に辿りついていくというのか・・・?



参考文献はウィキ。

『私』こと主人公によって語られる冗長な物語。

それぞれが短編なので、そこそこ手軽に読めるのですが一気読みを推奨します。

おそらく、そっちの方が楽しめます。

さて、並列してアニメ版の方も少しだけ解説っぽい事やってみます。






で、アニメ版です。

あの特徴的なキャラクターデザインですが、お名前を中村佑介さん。

森見登美彦著作の表紙だけでなく、赤川次郎作品などの表紙イラストもされてます。

どちらも文庫版の方です。上記のリンク画像にあるアレです。

ヒロインな明石さんはお声が荒川なブリッジの2-3と同じ人。

なんか雰囲気も似てますし・・・。

つーか、妖怪もどきと神様もどきのデザインには吹きました。

どっちかというと、神様もどきはイケメン寄りの印象が何故かあったし。

あと、妖怪もどきはマジで妖怪じゃねぇか。

『私』については、なんとなく納得してしまった。

というより、何故か森見作品の主人公って、メガネにされてしまいます。

・・・何故だろう?

とにもかくにも、今後が楽しみな作品&楽しめる本、です。

よければご一読を。

癖は強いんで読み辛いのですけどね。

まぁ、読み辛さも一般的な読み辛さなんで安心してください。

五十年前の本とか14世紀の本の和訳とかより楽です。

・・・ファウストの時は諦めなかったのが奇跡なくらいだったし。

三行詩(ソネット)のまんまを訳したのには最後まで慣れなかった。

と、蛇足もここらで撤退します。また長くなりそうなので。

では。


スポンサーサイト
プロフィール

ザイトウ

Author:ザイトウ

カウンター
現在の閲覧者数:
支援中なヒトサマへのリンク
な、なんだと。まだ増えるのか?
累積遭遇者総数
趣味のオシウリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR