チャイナでCOOLなお嬢さんのテレ顔最高的な。
イラストはぽんぽんまる(id=1532605)さんにお願いしたリク絵より。デビルサバイバー2の管野史さんであざーす
画像からサイトリンク中。完全版な画像はそちらでタノンマス。みんなも毎日コメ突っ込んでこうぜ!

当サイトでは各絵描き殿の許可を得て画像を使用しています。
応援、支援、援護を目的としたものなので、悪用に該当する各行為、転載、無断流用は厳禁のこと。
最近はネット犯罪もプロバイダやサーバーからバレるらしいので、ご自重してくださいな。
・・・まぁ、人の事を言えませんが。転載ばっかなのに。
飛田ニキイチさん(現在ドラクエ二次漫画製作中)。
猫車さん(かわいいもの制作者)。
チョン=ペ=ラポンさん(いい声の生き物)。
魔神皇帝さん(ヒロイン化ロボデザイナー)。
江ノ島行きさん(イカしたカッコいい美女&乳&ヒロイン系)
ざるそばさん(マイナーシンパシー&質感ニヤリ絵師)
ぽんぽんまる(やわらか質感最高系)

皆さんのご活躍を陰ながら支援(ストーカー)させてもらってます。

バナー
バナー設置中。リンクはご一報くだされば後は自由にどうぞ。

あと地味にツイッターやってます。
リンクは貼りませんが「zaitou」で検索するともしかして。

最近のmyベスト(不定期更新)

一番右だけ罠。VはPS3&Xbox360それぞれ

眼の話。今日のお題は『K-20 怪人二十面相・伝』

そこそこ眼がいい人間だったりします。

ザイトウです。

えー、細かく言うと、夜目、視界、造詣識別、みたいな事ができたりします。

役に立つ技能は一個もありませんが(涙)。

夜目は暗闇がよく見えますが、車のライトとかが物凄く眼に辛くなります。

視界は、左右が少し広く見えたところでこれといった用途はありません。

造詣識別(名称は適当)は、簡単に言うと、人間の骨格で色々と判別できたりしたり。

骨格でニューハーフか女か判別できたり、バストサイズが予測できたり。

日常に欠片も必要ないよ!

みたいな特技ばっかりです。

・・・人間って、もうちょっと進化の方向性のようなものがあっていいと思いませんか?

さて、涙の止まらない前フリも終わったので、本題を。


K-20 怪人二十面相・伝 通常版 [DVD]
K-20 怪人二十面相・伝 通常版 [DVD]
おすすめ平均
stars楽しいです
stars助演が魅せました。
stars何もかも薄っぺら。
stars映像はキレイ
stars面白かったです!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



K-20 怪人二十面相・伝です。


えーと感想とか聞いてくれます?

なんかもったいねぇよこの作品!?

みたいな感じです。

いいところとかわるいところとか、落差が激しいような。

で、あらすじを簡略に。


第二次世界大戦の起きなかった日本。
華族制度による貧富の差や、身分、仕事の自由が絶無な時代。
サーカスで働く一人の男は、世を騒がす怪人二十面相の身代わりにされる。
奪われた居場所、奪われた仲間、奪われた生活。
自身の無実を証明する為、男は怪人二十面相と対決する事を選んだ。



というのが概要です。

それでは内容についてのお話を是非。


内容についての評価

〇 世界観の設定や怪人20面相をテーマとした意欲。
〇 パルクールやワイヤーを駆使したアクションシーン。
〇 有名な俳優による王道なストーリー。緩急や流れに突飛なものがないので見易い。
〇 まさに活劇という航空機の使い方や見せ方、

× カメラワークが動きに合っていない場面や、仔細が解りにくい路地裏での戦闘など。
× シーンの一つ一つを繋ぐ手法がたまに手抜き。映画としてはどうかと思う詰めの甘さ。
× 全体が長過ぎる。メリハリに欠ける序盤から、幾つものシーンが整理されていない印象。
× サーカスの団員がその後どうなったのかとかを、完璧に放り出したまま。



などなど、穴を見れば穴だらけ。

「カリオストロの城」のパクりっぽいとか言われています。

単純に面白い作品とは思いますが、個人的にはどうかなーという印象。

これだけの題材と俳優、予算がありながら、これではもったいないという感触でした。

いや、これはDVDレンタルでちょうどか、わざわざ見なくてもよかったかなぁ。

ここまで聞いて、もし興味がわけばどうぞ。内容そのものは楽しいです。

まー、今日はこんな感じです。

とりあえず撤退します。なんか、これ以上の内容もありませんし。

では。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザイトウ

Author:ザイトウ

カウンター
現在の閲覧者数:
支援中なヒトサマへのリンク
な、なんだと。まだ増えるのか?
累積遭遇者総数
趣味のオシウリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR