チャイナでCOOLなお嬢さんのテレ顔最高的な。
イラストはぽんぽんまる(id=1532605)さんにお願いしたリク絵より。デビルサバイバー2の管野史さんであざーす
画像からサイトリンク中。完全版な画像はそちらでタノンマス。みんなも毎日コメ突っ込んでこうぜ!

当サイトでは各絵描き殿の許可を得て画像を使用しています。
応援、支援、援護を目的としたものなので、悪用に該当する各行為、転載、無断流用は厳禁のこと。
最近はネット犯罪もプロバイダやサーバーからバレるらしいので、ご自重してくださいな。
・・・まぁ、人の事を言えませんが。転載ばっかなのに。
飛田ニキイチさん(現在ドラクエ二次漫画製作中)。
猫車さん(かわいいもの制作者)。
チョン=ペ=ラポンさん(いい声の生き物)。
魔神皇帝さん(ヒロイン化ロボデザイナー)。
江ノ島行きさん(イカしたカッコいい美女&乳&ヒロイン系)
ざるそばさん(マイナーシンパシー&質感ニヤリ絵師)
ぽんぽんまる(やわらか質感最高系)

皆さんのご活躍を陰ながら支援(ストーカー)させてもらってます。

バナー
バナー設置中。リンクはご一報くだされば後は自由にどうぞ。

あと地味にツイッターやってます。
リンクは貼りませんが「zaitou」で検索するともしかして。

最近のmyベスト(不定期更新)

一番右だけ罠。VはPS3&Xbox360それぞれ

夢で見たFF映画が凄かった話。どうやら、私は精神病院に行かねばならぬようです。

風呂場で居眠りしている時に見たFFの夢で泣きそうになりました。

ザイトウです。

いや、PS3は未所持なのでFF13は未playなのに、なんでだろう?

えー、どっちかというと映画でした。物凄いリアルな。

あんなん映像化されたら三回は見に行きます。いや、俺好みでした。

概要を説明すると・・・。


貧富の差が広がった機械都市。エネルギー源であるクリスタルの減少から、政府は新エネルギーの開発と、クリスタル使用の規制化へ躍起になっていた。そんな都市で暮らす一人の廃棄クリスタルの回収員として生きる青年は、仕事中、人狩りに合う。

政府との利害関係から人体実験を請け負う兵器開発機関は、人間を原料にした新たなエネルギー源を発見しようとしていた。
青年は実験体として人造クリスタルが身体に埋め込まれる。その拒否反応から拘束服を破った青年は、研究室から逃亡。そのまま開発機関を逃亡中に接触した警備隊の女性士官の助け得る事が出来た。格納庫で捕縛されていた竜に乗って脱出。

貧民街、女性士官のアパートに匿われた青年は、彼女と妹の助けもあって無事に意識を取り戻す。
実験の後遺症として、彼は情人離れした身体能力と引き換えに、身体がクリスタルに侵蝕されていた。
彼女の妹もまた、治療と称した人体実験の犠牲となり、身体に障害を負ったという。
何故、開発機関の行動が大掛かりなものに変化しつつあるのか、どうすれば身体の機能を取り戻せるのか。
それらを探っていた女性士官曰く、クリスタル鉱山に原因があるとの予想が立てられていた。
鉱山まで下水道を通って移動しようと、青年の友人である作業員を仲間に、鉱山を目指しての移動を始める。
下水道では、謎の生物との戦闘を経験するも、無事に鉱山街への潜入に成功。しかし、鉱山街でも、突然の崩落事故によって騒ぎが起きていた。

鉱山員の兄妹の協力し、調査を開始した開発機関の人間に先行して鉱山内部への潜入に成功。
最奥から溢れ出す化物。その正体が、人造クリスタルの精製実験によって召喚された異形である事が発覚すると同時、その様子を観測している人間の中に開発機関の総責任者を発見する。
奇襲した青年達だが、護衛と、彼に付き従う異形に阻まれ、撤退を許してしまう。
その戦いの中で女性士官を庇った青年は、大怪我を負う。 

飛来した竜によって病院へ運ばれた青年だが、その傷は見る間に治っていく。
しかし、人造クリスタルによる侵蝕もまた、急激に広がっていた。
青年を残し、都市へ戻っていた女性士官は、妹のいない部屋に愕然とする。
既に妹は、開発期間によって拉致されていた。

人造クリスタルの危険性。
クリスタル移植という人体実験。
それらを公開し、女性士官の妹を実験材料とされる事への牽制としようとした青年達だが、先手を打った開発機関によって指名手配とされてしまう。
まだ顔の知られていない鉱山員兄妹を残し、青年と女性士官、作業員は竜で逃亡し、市外のクリスタル貨物庫へ隠れる。
その流通経路から、大量のクリスタルが都市外に搬送されている事に気付く。
クリスタルの移動先から、新たな事実を掴もうとトラックの荷台へ三人と一頭は隠れた・・・。

多少、整理しましたが、大体がこんな感じです。

中間は思い出せないのにで、そのままラストへ。

大型加速炉の発動を前に、機関へ乗り込んだ青年達。
幾多の妨害を退け総責任者へ肉薄。
都市の中央部の人間を犠牲に、今にも大型の加速炉は動き出そうとしていた。
加速炉の破壊を目的に、炉心へ乗り込もうとする青年達を、巨大な化物を連れた総責任者が阻む。
その化物こそが、総責任者が目指した人体実験の最終段階、死者蘇生の成果だった。
後は、ベースとなる人間の発見によって、彼の悲願は達成されるという。
加速炉製造という計画を隠れ蓑に研究された本当の計画。
それは、総責任者が失ってきた妻や娘を再生させる事だった。
加速炉の起動エネルギーによって実行される再生機構。
それは、あまりに多くの犠牲の上に成り立つ復活だった。
度重なる戦闘の果て、化物の撃破には成功した。
しかし、加速炉の初期稼働の影響を得て、再生機構が動き始める。その内部で拘束され、犠牲にされようとしている女性士官の妹。
同時に、満身創痍の青年達は、炉心を除く周囲全て連鎖崩壊に巻き込まれていく。
自ら足場を崩し、半壊のまま残っている脱出径路へ仲間を逃がす青年。
女性士官の悲鳴を背に、舞い戻った竜と青年、たった二人で、炉心の防衛機構を操る総責任者と相対する。
崩れ落ちる建物、響く剣戟と爆音の連鎖。
大型加速炉の加速ラインに沿って、反応を始めた粒子が、都市内が焼きつくそうと空気中を炎の色で赤く染めるする中、竜騎士の如く、竜の背を蹴って天空より舞い降りる人影の姿。砲火と機械の嵐に翻弄される中、青年は、槍の一撃を炉心の心臓部へ叩きつけた。
光が溢れる中、炉心は全ての崩壊を空へ吹き上げる。光の雨が降り注ぐ中、青年、そして妹は帰って来なかった。

クリスタルを廃し、粒子炉の新造に成功した都市は再開発の活気に溢れていた。
春の祝祭の中、花吹雪が舞い散る。士官服を脱いだ女性は街を歩いていた。
周囲の喧騒とは違い、浮かない顔の女性。
その頭上を、影が横切った。
翼を打つ風。周囲の人々の悲鳴。
舞い散る花弁の中央、そこには、彼女が求めた二人が立っていた。
駆け寄る彼女は、妹を抱きしめる。
そして、隣には、彼女と同じように、傷跡だらけの彼が笑う。
歓声の中、何処までも高い空へ、竜の咆哮は、祝砲のように響き渡っていた。


・・・どうでしたか?

ちなみに画質はハイビジョンでした。PS3版並みのハイクオリティです。

最後の方を書いている時にはもう、映像としては思い出せなくなりました。

いや、ラスト、竜だけを相棒に戦っている光景は、すげぇ格好が良かったのに。

妄想じゃなかったら金払ってでもみたかったなぁ。

あの感動は文章で伝わらないと解っていても伝えたかった・・・。

まぁ、夢は夢でしかないし、あとあとにこれを見てすっげぇ後悔すると思います。

もう思い出せないのに、凄ぇ面白い感覚だけが残っていると。

あー、ダメだ。とりあえず病院に行った方がいいかもしれない。

鉄格子サービスの病院ですよ。まったく。

さて、それでは昨日から引き続き企画もやっておきましょう。

ついでに年末年始に楽しめる作品を紹介しておきましょう。

ちなみに、18歳以下はお帰りを。[

さて、適当にやっつけます。






































とかです。

今日は妄想じみたノンレム睡眠時の幻想を書き殴っていたので、説明は無しです。

レビューとか体験版とか参考にしてください(適当)。

さて、疲れたので撤退します。

では。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザイトウ

Author:ザイトウ

カウンター
現在の閲覧者数:
支援中なヒトサマへのリンク
な、なんだと。まだ増えるのか?
累積遭遇者総数
趣味のオシウリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR