チャイナでCOOLなお嬢さんのテレ顔最高的な。
イラストはぽんぽんまる(id=1532605)さんにお願いしたリク絵より。デビルサバイバー2の管野史さんであざーす
画像からサイトリンク中。完全版な画像はそちらでタノンマス。みんなも毎日コメ突っ込んでこうぜ!

当サイトでは各絵描き殿の許可を得て画像を使用しています。
応援、支援、援護を目的としたものなので、悪用に該当する各行為、転載、無断流用は厳禁のこと。
最近はネット犯罪もプロバイダやサーバーからバレるらしいので、ご自重してくださいな。
・・・まぁ、人の事を言えませんが。転載ばっかなのに。
飛田ニキイチさん(現在ドラクエ二次漫画製作中)。
猫車さん(かわいいもの制作者)。
チョン=ペ=ラポンさん(いい声の生き物)。
魔神皇帝さん(ヒロイン化ロボデザイナー)。
江ノ島行きさん(イカしたカッコいい美女&乳&ヒロイン系)
ざるそばさん(マイナーシンパシー&質感ニヤリ絵師)
ぽんぽんまる(やわらか質感最高系)

皆さんのご活躍を陰ながら支援(ストーカー)させてもらってます。

バナー
バナー設置中。リンクはご一報くだされば後は自由にどうぞ。

あと地味にツイッターやってます。
リンクは貼りませんが「zaitou」で検索するともしかして。

最近のmyベスト(不定期更新)

一番右だけ罠。VはPS3&Xbox360それぞれ

サイドバーの説明とか、久々の料理しましょうか編。

myベスト変更とかしました。

ザイトウです。

PSPは、DLゲームの昇天ビートを買ったのみ。

ちなみにこれ、PSPに登録したMP3データで音ゲーができるという面白ゲーム。

値段は800円。このゲームを買う為に、初めてネットマネーとか買いましたよ。

ローソンのロッピーで1000円分のチケットを購入。で、ダウンロード。

画面は地味な感じですけど、好きな音楽で遊べるのは結構楽しいかも。

あとは体験版とかで遊んでます。GOD EATERとかが体験版でも遊べます。

さて、サイドバーに登録しているサイトの紹介とかやってみようかと思ってまして。

それぞれ、クロビネガ、illustrationというタイトルで烏賊さんのHP、いれくば堂。

あとは、DLサイトコム。

クロビネガは魔物娘という最高のオリキャラを創造、エロ魔物図鑑を作成された偉大な絵師のサイト。

烏賊さんのHPは、エロ、ナイスな巨大乳、可愛過ぎSDキャラなどを描く、絵師でドット職人さんち。

いれくば堂は、特殊かつエロとかグロな絵を描く人の所。エロです。エロスのサイトです。

DLサイトコムは、普通からエロ、さらには電子書籍まで、DLコンテンツの総合商業サイトさん。

以上です。

基本的にエロしか載せていないのは、まー、個人の責任云々とか、色々なお話と信念から。

覚悟というのは、どんな場合でも大切デスヨ?

さて、本題というか、久々に料理ネタ。まぁ、正月に手を貸したレベルですが。


今回のお題は押し寿司です。


まぁ、寿司といいましても、握りや手巻きより、実は簡単なのが押し寿司。

保存も利くし、正月から酒の肴までいろいろと便利。

さて、材料からいきましょう。


材料
飯  (炊きたてが一番ですが、チンするパックでOK)
米酢 (適量。これは他のものでは代用しにくいです)
刺身 (安いものでOK。鯖から鯛まで、なんでもあり)


以上です。
あとは道具ですが、これは二つだけ。

道具
四角い箱 (タッパとかでもOK。やや浅いくらいの深さ)
ラップ  (クレでもサランでもOK。なるべく幅の広いやつ)


以上です。
さて、それでは調理を始めます。簡単ですから、できそうであればお試しあれ。自己責任の範囲で。


調理


1.まずは酢飯を作ります。熱々のお米を器に入れ、米酢を少量ずつ入れます。心配なら小さじ、加減で きそうなら、しゃもじを使いましょう。お米の量ですが、1合あたりで小さじ3杯~6杯、ここは好 みもありまうが、酸味が強くなり過ぎないよう注意。鼻にツンとくるようでしたら注意。お米を足し てください。お米の量は、普通のお寿司より少し多く準備しておくと安心。

 注意点は三つ。

・使う器はスープ皿やトレーなど、米がくっつかず、お米を広げられるような幅広な器が混ぜ易い。

・混ぜ込む時、うちわなどで冷ましましょう。次の工程に移りやすくなります。

・混ぜる時に、お米の粒を潰さないように注意。ここは力さえ入れ過ぎなければ簡単。




2.次に、魚の切り身、お刺身を米酢へ漬けます。夏場は冷蔵庫、冬場は外でもOKです。色が少し変わる くらいで大丈夫。あらかじめ漬けこんでおけば、ご飯が冷ました後、さっさと押し込めます。



3.四角い器にラップを敷きましょう。ラップの端が器の外に出るくらいの大きさが目安。破れていない
 のを確認した後、漬けこんでいた切り身を敷き詰め、上から酢飯を投入。器から、盛り上がるくらい にお米を盛った後、均等に押しつぶせるよう、板や蓋で上から押えた後、重しを乗せて放置。
 この時にポイント。
 お酢が足りないようであれば、魚を漬けていた米酢を少し足しましょう。




4.30分以上の時間をおいたら完成です。重しと蓋を外し、ラップを掴み、引っぱり出してください。 ラップはこびりつかないようにする為と、引っ張り出す時に崩さない為に必要だったのです。この時 に、触っても簡単に崩れない程良い固さであれば成功です。



5.完成品を切り分け、美味しくいただきましょう。
 お弁当とかに入れても意外に痛まないらしいですし、密閉して冷蔵庫なら2、3日は保ちます。
 昔は保存食としても重宝されていたそうなので、当たり前といえばその通りですが。
 けれど、材料や季節によっては注意。

  


いかがでしたか?

基本的な作り方はこんな感じですが、不安ならどっかの料理サイトを参考にしてください。

魚は赤身より白身の方が個人的には好きです。〆鯖の押し寿司などは有名です。

お手軽ですが、わさびと刺身醤油で抜群に美味いです。

機会があればどうぞ。

押し固めるので、魚のアラからほぐしたような小さな切り身でも使えます。

さて、今日もグダグダと書き込んでたら気が済みました。

それでは撤退しますので。

では。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザイトウ

Author:ザイトウ

カウンター
現在の閲覧者数:
支援中なヒトサマへのリンク
な、なんだと。まだ増えるのか?
累積遭遇者総数
趣味のオシウリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR