チャイナでCOOLなお嬢さんのテレ顔最高的な。
イラストはぽんぽんまる(id=1532605)さんにお願いしたリク絵より。デビルサバイバー2の管野史さんであざーす
画像からサイトリンク中。完全版な画像はそちらでタノンマス。みんなも毎日コメ突っ込んでこうぜ!

当サイトでは各絵描き殿の許可を得て画像を使用しています。
応援、支援、援護を目的としたものなので、悪用に該当する各行為、転載、無断流用は厳禁のこと。
最近はネット犯罪もプロバイダやサーバーからバレるらしいので、ご自重してくださいな。
・・・まぁ、人の事を言えませんが。転載ばっかなのに。
飛田ニキイチさん(現在ドラクエ二次漫画製作中)。
猫車さん(かわいいもの制作者)。
チョン=ペ=ラポンさん(いい声の生き物)。
魔神皇帝さん(ヒロイン化ロボデザイナー)。
江ノ島行きさん(イカしたカッコいい美女&乳&ヒロイン系)
ざるそばさん(マイナーシンパシー&質感ニヤリ絵師)
ぽんぽんまる(やわらか質感最高系)

皆さんのご活躍を陰ながら支援(ストーカー)させてもらってます。

バナー
バナー設置中。リンクはご一報くだされば後は自由にどうぞ。

あと地味にツイッターやってます。
リンクは貼りませんが「zaitou」で検索するともしかして。

最近のmyベスト(不定期更新)

一番右だけ罠。VはPS3&Xbox360それぞれ

そう、名作とは時に脳から剥げないものという事で『魂の駆動体』

鬱。というか頭痛。

ザイトウです。

もう最悪ですよ最近は。今日は通り雨に加えていきなりの寒さ。

人が死にますよまったく。冷房効きすぎて辛いですよまったく。

個人的には効きすぎた冷房の温度設定している人間をシバきたい。

目撃しようものなら睨みたい。

実際にやった場合は人間関係が悪化しそうなので我慢します。チキンですよ。

それにしても、冷房の部屋って匂いが気になる。フィルター掃除してるか気になる。

駄文続いて失礼。

さて、早い人では盆休みですか?畜生ですね。

最近聞いた話。

周辺の人間関係が悪化していろいろと悪い事になるのも夏だそうです。

やっぱり暑いとイライラするからでしょうね。

寒いと寂しくて人に優しくなるらしいですが。

前フリともかくそれでは本題


魂の駆動体 (ハヤカワ文庫JA)魂の駆動体 (ハヤカワ文庫JA)
(2000/03)
神林 長平

商品詳細を見る


神林 長平 魂の駆動体です。

えー、SF小説の大御所とも言われる神林 長平 作品です。

SF小説家として独自の切り口でとてつもない作品群と共に歩んできた方。

アニメ化もされた代表作【戦闘妖精 雪風】。

同じくアニメ化もされた傑作である【敵は海賊】シリーズ。

戦闘機や猫という特殊かつユーモアに優れたユニットを軸に展開される話は絶妙。

そして本作、魂の駆動体で表現に用いられたユニットとは『車』です。

概要としましては。

人々が意識だけの存在として仮想空間へと移住しはじめた近未来。養老院に暮らす「私」は、確かな生の実感をとりもどすため、友人の子安とともに理想のクルマを設計する。いっぽう遙かな遠未来。太古に存在した人類の文化を研究する翼人のキリアは、遺跡で発掘された設計図をもとに、あるクルマの製作を開始するが…。機械と人間の関係を追究してきた著者が、“魂の駆動体”たるクルマと自由な精神の解放を謳う現代の寓話。

こういったあらすじで紹介されている本作ですが。


単なる小説です。どうしようもないくらいの小説です。

どうしようもない現実、ただの老人から始まる話。

驚くほどの盛り上がりもなければ、笑ってしまう描写も零に等しい。単なる小説という表現しかできない程に、淡々と文字が綴られていく内容には、どこか信念じみたものまで感じてしまう時間。
その中で、あまりに切なく、哀愁と興奮すら伴い、人の生き様を、人でない存在を通し描かれていく過程には、喉の奥で詰まってしまうほどの形容できない感情に、言葉を失ってしまいます。

読み手が退屈すらするかもしれない危険な切り口は、あまりに堂々たる挑戦状。

読者に対して「これでどうだ」と言わんばかりの作品がこれです。



もし、時間がある人はどうぞ。これほど硬派な作品は近年では絶対に受けない。

それを当時に押しきった力は、並々ならぬ文章として現れています。

さて、駄文で傑作に泥をかけてしまうのはこの辺で。

しかして読み手を選ぶ類の本なので、おススメはできないと思いながら撤退。

あまりといえばあまりの作品ですので。

では。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザイトウ

Author:ザイトウ

カウンター
現在の閲覧者数:
支援中なヒトサマへのリンク
な、なんだと。まだ増えるのか?
累積遭遇者総数
趣味のオシウリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR